スポンサーリンク

整体養成スクールについて記事一覧

事前に本やインターネット等で調べて、学校に直接資料請求し、学費や卒業生の就職先、資格取得までの時間などを比較しましょう。潟潟Nルートさんが運営している「ケイコとマナブ.net」は、地域別検索ができ、学費の比較や資格取得までの勉強時間の比較などもできるので、大変便利です。また、このサイトに掲載されてい...

学校選びのポイント○資料やホームページで、下記項目を確認しましょう。1.学校の教育方針、授業内容がしっかりしているか。2.講師陣はしっかりしているか。3.卒業生の就職先4.卒業してからも参加できる、手技向上のための講座があるか。5.通うのに無理のない場所にあるか。 通信教育を選んだ場合、スクーリング...

通信講座は、通学に比べると安いですが、最後までやり遂げるんだという強い意志が必要です。通学すると、整体師を志す仲間と一緒に勉強するので、自分ひとりで勉強するより、励みになり、心強いです。また、通信では、整体の要である手技を、正しく取得できない可能性もあります。最近では、かなり詳しく手技を説明したビデ...

年齢制限などなく、中学卒業でも入学できる学校もあれば、高校卒業(見込みを含む)もしくは同等以上の学力を有する者、18歳以上など、学歴や年齢による制限を設けている学校もありますので、インターネットなどで良く調べてから、資料請求しましょう。また、入学試験を実施している学校は、あまりないようです。入学願書...

仕事してるから通学できないだろう・・・・とか、午前中だけ通うなんて無理だろう・・・とかあきらめないでください。会社員から専業主婦まで、資格が取りやすいように、各学校工夫して、様々な学習コースを設定していますので、資料やホームページで自分に合った学習コースを探してみましょう。例えば・・・アフター5の時...

資格は取りたいけど学費が高いだろう・・・・というのが一番心配なところ。学費は、授業時間数、授業期間、学習コースなどで大きく違ってきます。1日15,000円で、1日から学べるコースもあれば、年間100万円くらいかかるコースまで、実に様々です。コース費用は、資料やホームページで公開されていますので、すぐ...

授業は、テキストや資料を使っての学科の授業と、実際に体を使って手技を学ぶ実技の授業があります。学科では、骨や骨格、骨格筋の構造・機能や腕や血液・リンパの知識、整体・解剖学・生理学・病理学・栄養学などを勉強します。学校によって、また学習コースのよって授業内容はさまざまです。講師としては、整体師だけでな...

学校を選ぶ基準は人それぞれ異なると思います。しかし、必ず、下記のことを確認して選んでほしいと思います。1.場所2.資格取得までの期間や講義時間3.授業内容(手技をきちんと取得できるか、整体をおこなう上での最低限の人体の知識を取得できる授業 内容かなど)4.1クラスの人数(あまり多すぎると、手技をき...

そもそも、整体は民間療法で、法的に整体の定義が決まっているわけではありません。それぞれの学校や団体によって、教える手技療法は様々です。それぞれの学校に受け継がれてきた伝統の技術や過去の臨床経験をもとに、カイロプラクティック、オステオパシー、鍼灸などの手技手法も参考にしながら、その学校独自の手技療法を...

スポンサーリンク