整体師の仕事に興味ある方へ。
⇒情報収集に便利な無料サイトはこちら

整体師の資格取得の必要性

整体師の資格は民間資格であり、業務独占資格ではないので、整体師として働くのに、整体師の資格免許が必要ということではありません。整体師の資格免許がなくても、整体師として働けるし、開業することもできるのです。

法律上は、整体師の資格はなくてもなんの問題もありませんが、整体の知識が全くないのに、人の体に整体の手技を正しく施すことは不可能です。

実際は整体学校に通って、内科学・生理学・病理学・整形外科学といった基礎医学の知識を学び、整体の手技手法を実習を通して習得します。そして、卒業と同時に資格取得して就職というのが通常ですが、整体院やクイックマッサージ店で働きながら、整体学校に通い、資格を取得する人も多くいます。

整体は、人体に関する深い知識と整体独自の手法を習得する必要があるので、独学で学ぶことは不可能です。

また、「整体師を求める」と明確に書いてある求人も多数あるので、整体師の資格免許は、整体師として職場で働くためにも必要不可欠な資格です。

就職にも有利なので、まずは整体師養成学校に通って卒業と同時に整体師の資格免許を取得するのがよいでしょう。

スポンサーリンク