整体師の仕事に興味ある方へ。
⇒情報収集に便利な無料サイトはこちら

理学療法士

理学療法士は、国家資格です。医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする人をいいます。

理学療法士は、病気や怪我、老化によって身体機能に障害を持った人に対し、筋力を増やす運動療法や、温熱・電気などを使った物理療法を施すことより、よりよい社会生活を継続できるように、身体の機能回復を援助するリハビリの専門家です。
仕事としては、作業療法士の仕事とにていると言えるでしょう。
主な職場は病院やリハビリテーションセンターですが、近年はスポーツ医学や老人介護施設にまで広がっています。

理学療法士の資格試験を受けるには、養成校を卒業する必要があります。
指定養成施設・学校で3年以上、専門知識と技能を修得します。
作業療法士の資格がある人は文部科学大臣指定校か、厚生労働大臣指定の養成学校で、2年以上の理学療法士の知識や技術を修得すると、理学療法士の資格を得ることができます。
その他にも受験資格の条件がありますので、調べてみるといいでしょう。

○試験期日

毎年1回、3月

○試験地 

・筆記試験 : 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県

・口述試験、実技試験 : 東京都

○試験内容

筆記試験
一般問題 解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、
臨床医学大要、理学療法

実地問題 運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要、理学療法

くわしくは厚生労働省のホームページ
http://www.mhlw.go.jp/

スポンサーリンク