整体師の仕事に興味ある方へ。
⇒情報収集に便利な無料サイトはこちら

柔道整復師

柔道整復師は国家資格です。

柔道整復師とは
柔道整復師とは、打撲やねんざなどを独特の手技手法で治療する専門家のことをいいます。
接骨師、ほねつぎ、整骨師とも呼ばれ、接骨院や整骨院で仕事をしています。
柔道整復師はもともと柔道経験者がなることの多かった職業であり、養成学校では柔道の授業が行われます。しかし、柔道未経験で入学しても、問題ありません。現在では女性の入学も増加傾向にあります。
資格試験合格率    
柔道整復師国家試験の合格率は7割〜8割と高く、それほど難しい試験ではありません。

就職先
就職先は病院の整形外科やリハビリ科。接骨院、整骨院など。
関節や筋肉の知識を活かして、有名選手専属のスポーツトレーナーとして活躍する人もいます。
民間資格の整体師の施術と違って、柔道整復師がおこなう治療に対しては保険が適用される為(全部に保険がきくわけではありませんが)、比較的安定した収入が期待できます。
腕を磨き、独立開業して、高収入を得ている人もいます。
受験資格
文部科学大臣が認定した学校又は厚生労働大臣が認定した柔道整復師養成養成施設(いわゆる専門学校)で知識、技能を修得した者。 (修業、又は、卒業見込みの者を含む)
養成施設の入学資格は高卒以上。修業は3年以上。

試験日:3月上旬
合格発表:3月下旬
申込期間:1月上旬〜中旬

試験会場
北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県

試験科目
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規

問い合わせ先
    柔道整復研修試験財団
      http://www.zaijusei.com/

スポンサーリンク