スポンサーリンク


整体師は人に感謝されながら生計を立てれる数少ない職業

施術中シーン

現代は様々な原因により、肩こりや腰痛、五十肩などの筋肉・骨格系の疾患のある方や、自律神経系の疾患をある方が増えてきている一方で、健康を維持するために努力をする方も増えてきています。

整体師はそういった身体に不調を訴える方や健康的な体を維持したいという方のために、身体全体のバランスを整えて、人間本来の自然治癒力を最大限に高める手技療法の専門家のことです。

健康・癒しを求める方が増えてきている中で、体を整える技術を持った整体師への需要も高まっています。

自分で独立開業するまでは、主に整体院やカイロプラクテック院、接骨院、エステサロン、病院のリハビリ助手などで働くことになりますが、最近では、整体技術を応用して美容業界やスポーツ業界、また心理ケアやカウンセラーの役割を担ったりと、幅広いジャンルで整体師が活躍してきています。

様々な身体の症状や痛みを改善していく仕事が主な整体師の仕事ですが

・生活習慣病の予防や改善
・ダイエットやむくみなどの美容に関する悩みの改善
・スポーツ選手のケアやアフターフォロー
・仕事や生活からくる身体の疲れの解消
・ストレスやヤル気の改善など精神・心理に関わるもの
・猫背などの姿勢の改善や頭痛、冷え性
など

今後ますます、上記のような病院の検査でも病名が付けられないような現代病やスポーツのケア等で悩む方々が増えることは確実に予想されます。 これら悩みを解決してゆくやりがいと、なによりも人に直接「ありがとう」と感謝されながら生計を立てれる数少ない職業として人気を集めている仕事です。


スポンサーリンク

整体師になる方法。資格取得は必要?

学習メモ

整体師の資格は、医師や看護師の国家資格とは違い「民間資格」になります。

そのため、整体師になるために必ず資格が必要というわけではありませんが、それは法律上のことであって、実際に整体師として働いている方は、きちんと資格を持っている方がほとんどです。

整体師として働くためには、解剖学や生理学などの基礎医学の知識や、手技マニュピレーションや骨盤矯正など専門的なスキルを習得しなければいけません。

整体師にとって重要な技術を習得するためには独学ではほぼ不可能なので、きちんと整体スクールに通い技術を磨いていくのが一般的です。

慰安的な手技マニュピレーションの習得でも、最低半年〜1年は必要になりますし、矯正スキルのように特殊なものだと1、2年以上は修行(反復練習)をしていかなければ、身に付けるのは難しいでしょう。

昼間のスクールだけでなく、土日や夜間に開講しているスクールもありますので、仕事をしながらの人でも無理なく勉強をすることができるかと思います。

どうしても、スクールに通う時間がないという方や、予算的な問題でスクールが無理という方には通信講座もあります。

ただし、DVDなどの動画を通して技術を学ぶことはできますが、見て真似をしていくような反復練習となり、スクールのように直接アドバイスをしてくれる人がいないため、技術を完璧にマスターするのは、そう簡単なことではありません。

そのため、通信で整体師を目指す場合、習得してきたことを活かせる、整体院やクイックマッサージサロンといった職場で、直接人に施術をしていきながら技術を磨いていくのがオススメです。


興味のある方へ。情報収集に便利な【無料サイト】紹介

整体師の情報収集する上で便利な無料サイトの紹介です。

以下サイトで代表的な整体講座(スクール/通信講座)の情報やかかる費用など、エリア別に一覧比較できます。

全国の整体スクール情報が満載!整体を学ぶならまずはビューティー資格ナビでチェック♪

全国の整体講座・費用をチェック!



また講座の資料も一括で取寄せることができます。(何個でも無料)

中継会社を経由しているため、資料請求後にしつこい勧誘の電話などの心配もありません。

整体師の仕事について興味ある方でしたら、この整体スクール・講座が配布してる資料(パンフレット)も必ず幾つかは目を通しておきましょう。

資料には学校の紹介以外にも実際の仕事の流れや1日スケジュール例、就職先実績、かかる費用、教育ローン利用の有無、OBの転職成功体験談・・など現場での情報が間違いなく書かれているので、より深く整体師についてイメージできるはずです。

また学校説明会の日時などの紙も含まれてるので、その後実際に学校説明会に出席して質問したり、付属の整体院を見学したりするとさらに就職・転職へのイメージができるはずです。

資料のお取り寄せは1分ほどでできます。

整体講座の資料お取り寄せ(無料)はこちら


その他、「ケイコとマナブ.net」でも可能です。